TREND

話題沸騰!『Mamma Mia ~Here We Go Again~』見どころ紹介

投稿日:2018年7月30日 更新日:

Photo:Kromeriz

こんにちは。HOTDOG TIMESの新入りライター、Sayakaです。

アメリカでは2018年7月20日に『Mamma Mia ~Here We Go Again~』が公開されました。私のような、『Mamma Mia!』(2008) からの超大ファンで、今回 2018年の新作公開に飛び上がった方も多いのではないでしょうか!

素敵なキャスト、ストーリー、楽曲、そして観た後は幸せとわくわくでいっぱいになるこの映画。1作目をご覧になられた方にもそうではない方にも、ぜひ観ていただきたいです!

10年ぶりに帰ってきたあの名作の見所を、私なりにご紹介したいと思います。

はじめに: 概要

Photo:Digital Spy

『Mamma Mia ~Here We Go Again~』

ギリシャのサントリーニ島にある ホテルを経営していたドナの娘(ソフィ)が、母の長年の夢であったホテル改装を完成させ、グランドオープニングパーティーの招待状を送るところから、ストーリーは始まる。

そしてソフィの妊娠をきっかけに、若かりし頃のドナがどうソフィを妊娠したのか、なぜ3人の男性はドナを去ったのかを探ります。

2008年の作品でわからなかった数々の謎が、今回で明らかになります!

(ちなみに、1作目の『Mamma Mia』という曲の歌詞が、なぜ “I was cheated by you〜”なのか、2作目で納得できますよ。笑)

見どころ

1. おもわず踊り出してしまう、最高な曲ばかり!

Photo:Refinery29

Mamma Miaといったら、なんといっても歌!!

オリジナルのMamma Miaファンとして、これは譲れないと言っても過言ではないくらい、どの曲も最高で、思わず自分の人生と重ねて感情移入してしまうような曲ばかり。

2008年版がそれほど高峰なクオリティーだったので、今回の新作はオリジナルを越えられるのだろうか..という半信半疑な気持ちで観に行ったのですが、、

“今回もサイコー!!”😳笑

特に、今作の主役、青年期時代のドナ役に抜擢された話題の女優リリー・ジェームズ (Lily James)の歌唱力は圧倒的!ドナの大胆さ、力強さをしっかり表現できていて、1作目のドナをつとめたメリル・ストリープ (Meryl Streep)に劣らない演技力、歌唱力でした。

また 2008年で作曲された、『I have a dream』や『SOS』、『Dancing Queen』など数々の名曲が、2018年版では新しいキャストで公開され、さらにパワーアップして帰ってきました。もちろん、新公開の曲も乞うご期待!

2. 甘酸っぱい恋愛にキュン

Photo:Den of Geek

今作でドナが大学を卒業し、旅先で出会う3人の男子たち。みな個性豊かで、コメディー満載、なによりイケメン!!笑

友達関係から一線をこえるか越えないか、そんなロマンチックなシーンが度々出てきます。観ているこちらまでむず痒く、ドキドキしてしまうようなストーリーも大きな魅力のひとつ。

女性のみなさん、あなたがドナだったら、【ビル、ハリー、サム】だれを選ぶでしょうか?

どの恋愛をしたいか、ぜひ鑑賞中に妄想しちゃってみても面白いです!笑

3.夢はでっかく、周りを大切に

Photo:Observer

2008年版の作品同様、今作も家族や周りとのつながりの温かさや人生のワクワクを思い出させてくれるストーリー。

不安やつらいこと、そんな時には支えてくれる仲間や家族がいること、波乱万丈いろいろあって面白い、それこそが人生。

“一度きりの人生、自分の今できること全て挑戦してみよう!” 観終わった頃には、そういう気持ちでいっぱいになり、ものすごい活力をくれる作品でした。

あなたには、諦めかけていた夢はありませんか?ぜひ、この映画を通して、自分の夢や目標、また自分とはなにか、見つめてみてはいかがでしょうか。

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

言葉では伝えきれない魅力がもっともっとあるので、ぜひこの夏、大きなスクリーンで『Mamma Mia』の最高にエキサイティングな世界観にどっぷり浸って、大切な人と最高に楽しい夏を過ごしてくださいね!

予告の動画はこちらです。ぜひご覧ください!

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.

MakinoSayaka

HOTDOG TIMES の新入りライター。楽しいこと大好き。ポジティブ。UCLAで社会学を勉強し、常に何かに挑戦している。

-TREND
-, , ,

執筆者:MakinoSayaka