徹底比較!プライベート語学学校vs大学付属語学学校

NY留学を目指している皆さん、または今通っている語学学校に疑問を感じている皆さんにとっておきの情報をお届けします。

筆者は、NYに来たばかりの頃は大学ではなく、語学学校に通っていたのですが、なんとなく合っていないと感じたり、勉強したいことがイマイチ出来なかったりなど様々な理由で、半年や3ヶ月ペースで転校していました。その体験から大学付属語学学校とプライベート語学学校を徹底比較していきたいと思います。

プライベート語学学校が向いているのはこんな人!

さて、まず皆さんの語学学校に求めるものはなんですか?

友達作り、英会話力、大学進学、短期での総合英語力習得など人によってさまざまですよね。プライベート語学学校は授業プランや料金設定が様々でひとりひとりにあったカリキュラムを柔軟に組むことができるのが1つの大きな特徴だと言えます。

  1. 外国人の友達がたくさん欲しい!
  2. 日本の大学を休学して、1年以下の語学留学に行きたい
  3. とにかく伸ばしたいのは英会話力やコミュニケーション能力!
  4. 少し観光も兼ねた語学留学がしたい!
上記のいずれかに当てはまったあなたには断然、プライベート語学学校をおすすめします。

筆者が一番最初に5ヶ月ほど通った語学学校がKAPLANという学校だったのですが、たくさん友達ができましたし、当時は学校帰りに毎日と行っていいほど遊びにも行って、とっても楽しい毎日を過ごしていました。拙い英語で必死に話していましたが楽しかったですね。あれから数年か経過してしまいましたので、自国へ帰ってしまった友達がほとんどなのですが、今もSNS上で連絡を取り合うのはこの語学学校で知り合った友達ばかりです!

また、プライベートの語学学校は入学時期がとてもフレキシブルで、週1回新入生が入って来たりと、新しい出会いも多く、先生も個性的で面白い人が多いのが特徴と言えるかもしれません。ツアーや旅行などイベントが盛りだくさんのところも魅力の1つです。また、料金設定も様々なプランがあるので、自分に合わせた物を選べるのもポイントです。施設も綺麗なところが多いですね。

NYを楽しんで、なおかつ日常で使える【英会話力】を伸ばしたい人にはおすすめです。

大学付属語学学校が向いてるのはこんな人!

プライベートの語学学校と違って、大学付属は直接オフィスに行く必要があったり、入学時期が決まっていたりと少し不便なところがありますが、定期テストや宿題も厳しく出るのが特徴で、授業のレベルも高く、通う価値は十分にあります。

  1. ニューヨークで大学進学を目指している
  2. とにかく英語の勉強に集中したい
  3. セメスター制の授業でがっつり長期休暇を取りたい
  4. 海外の大学生気分を味わいたい
  5. 2年以上の長期留学を考えてる
上記のいずれかに当てはまったあなたには断然、大学付属語学学校をおすすめします。

筆者は先ほど述べたようにプライベートのいわゆる一般的な語学学校からスタートしたのですが、留学しているうちに大学に進学したくなり、より大学進学に特化した学校に行こうと決めて、大学付属語学学校に転校しました。

こちらの学校の利点はセメスター制度であるため、3セメスター分取ると、一定期間休暇を取得できるということと、大学の図書館やジム、プール(一部使えない大学もありますので入学前に要確認)も使えます。また、大学の中にあるので、現地の大学生気分を味わうことも出来ますね。ちなみに筆者にいた学校は3ヶ月(1セメスター分)の休暇が取れました。

さらに、良い点はレベル別にクラスが細かく分かれていること、定期テストや宿題が必ず出るので、勉強に集中できること、大学学部生とのスピーキングイベントがあったりもします。

また、ハイレベルのクラスに行くと受けられるクラスがあったり(大体はTOFELの授業を受講できるようになります。)、最終レベルまで進むと大学進学が可能です。これはニューヨーク市立大学のカレッジにある語学学校で採用されているシステムで、大学進学を目指している留学生には便利なシステムです。(ニューヨーク市立大学のバルークカレッジのみ除外でTOFEL必須となります。)また、仕事が見つければ、カレッジ内で働くことも可能になりますし、ミュージアムなどが無料になったり、学割制度などの特典もあります。

筆者の超個人的なおすすめは、ニューヨーク市立大学ハンターカレッジにある語学学校です。The International English Language Institute at Hunter College と呼ばれており、全体的に授業のレベルが高く、その中でもライティングの先生方のレベルは高いので、大学に進学したい人には強くおすすめしたい学校です。アメリカの大学では、ライティングがとても重要です!

 

*皆さんの語学学校選びの参考になれば嬉しいです。ご質問などありましたらお気軽にどうぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

Hibiki Fukaya

深谷 ひびき 女子栄養大学短期大学部で栄養士の資格を取得後、語学習得のために渡米。ニューヨークの食のスタイルやアメリカの栄養学に魅せられ、ニューヨーク市立大学のコミュニティーカレッジに編入し、栄養学を学んでいる。自身の食事には完全菜食主義者であるビーガンを実施し、栄養管理をしている。将来の夢は日本で完全栄養サポートをするビーガンカフェを持つこと。現在は日本のお菓子を発信するアメリカのベンチャー企業でインターンシップも行っている。趣味は幼少から始めたスキーと料理。