【留学の滞在先はどうする?】ホームステイvs.アパートvs.寮をメリット・デメリットで比較

こんにちは。暁舟(あかね)です。

留学をお考えの皆さん、滞在先についてはきちんと事前リサーチをしていますか?自由な国アメリカでは、日本では起こりえない住居に関するトラブルもあり、ましてや言語の壁があると対処をするのが大変になります。また、自分の想像と実際住むところが、かなり違う可能性もあります。なので、今回はそんなトラブルを避けるために、語学留学や大学留学の皆さんの多くが迷われる、ホームステイ、アパート、寮暮らしを実体験を交えて、長所と短所を比べてみようと思います。

ホームステイの心得:メリット・デメリット

ホームステイとは、留学先で現地の方の家の一室を借りて住むことです。また、ホストファミリーと英語で会話したり、生活することで交流を深め、英語も上達することが期待できます。また、食事を提供してくれたり、部屋にはすでに家具が設置されていることも多いので、生活基盤が整っていて、準備の面倒が省かれます。

私の場合も、アメリカに来たてのころは何も知らない状態でしたので、ケータイのSIMカードを買ったり、銀行に連れていってもらったりと色々お世話になりました。理想像としては、ホームステイの受け入れ側の家族の一人となり、新しい家族のように過ごすことです。また、一緒に食事をしたり、買い物をしたり、アメリカ映画のように家族でパンケーキを囲んでブランチをしたりしたいですよね。しかし、そんな完璧な家庭に滞在する可能性は残念ながら、大学留学の皆さんにはほとんどありません。なぜなら、大学が提供する受け入れ先もビジネスでやっているため、寝どころや生活環境が最低限しか整っていなかったり、英語が第一言語でなかったり、規則が厳しかったりすることもしばしば。なので、ホームステイを希望する場合は、きちんと自分の要求(宗教、アレルギー、小さい子供の有無)を書いて申し込みましょう。

メリット

  • アメリカ(又はその他)の文化に触れることができる。
  • 英語が上達する場合がある。
  • 保護者がそばにいるような安心感がある。
  • 静かな学習環境が整えられている場合がある。
  • 住居の欠陥などに対処しなくてすむ。
  • 家具を買わなくてすむ。
補足
新渡米生にはホームステイがオススメ。ラッキーなホストファミリーにあたると、いろいろ生活の仕方を教えてくれます。

デメリット

  • 規則が厳しく、自由が制限される。
  • 小さい子供がいる家庭だったり、生活習慣が合わなくて勉強に集中できない。
  • 食事が合わない。
  • 宗教が合わない。
  • 部屋が狭い割に家賃が高い。
  • ルームメイトがいる場合もある。
注意
ホストファミリーと性格が合わなかったり、生活習慣が違ったりして、逆に実家が恋しくなってホームシックになることも。もし、気にくわないことがある場合は早めに対処しましょう。

アパートに住む心得:メリット・デメリット

ドラマでルームメイトやハウスメイトに憧れた方も多いのではないでしょうか?実際、アメリカの留学生の多くはアパートに住んでいます。”オンキャンパス”といって大学側が提供するアパートと、”オフキャンパス”といって自分達で借りるものがあり、たいてい2〜8人ほどでシェアする場合が多いです。

アパートの一室、ユニット、ハウス単位で借りて何人かで住む場合によって家賃は様々ですが、大学付近のアパートの家賃はかなり高めに設定してあるので、大学が決定次第早めに家を探しましょう。アメリカのアパートは古いものも多いので、度々部屋にトラブルが起こったり、ルームメイトやハウスメイトが多くなるにつれ喧嘩などの人間関係の問題も起こりやすくなるので、ちゃんとお互いを知った上で一緒に住むことがベストです。

また、家賃の支払いは期限をしっかり守りましょう。以前友達が、大家さんとの家賃の未払いの勘違いのせいで、裁判沙汰の事件に巻き込まれたことがあります。しかし、友達がいることで勉強や精神の支えになるのもしばしば。一緒に登校できるのはもちろん、話し相手がいるだけでストレスから解放されることってありますよね。

メリット

  • 自分が住みたい所に住める。
  • 信頼できるハウスメイトやルームメイトができる。
  • 一緒に学生生活のストレスを乗り越えられる。
  • 連帯感や責任感が育まれる。
  • 個人の部屋がをリクエストできる。
  • 監視者がいなく、自由を謳歌できる。
注意
学校付近のアパートだと、どんなに値段が高くても売れてしまい、部屋が見つからないという生徒もちらほら。アパート探しはオンラインやフェイスブックで探すのが一般的です。

デメリット

  • 家具を自分でそろえなきゃいけない場合が多い。
  • ルームメイトやハウスメイトと生活習慣や趣味が合わないことも。
  • 勉強に集中できる環境が確保されない。
  • ”オフキャンパス”のアパートだと大学から遠い。
  • 大家さんや管理人との連絡が面倒。
  • 食費、水道代、電気代などの生活費がかかる。
注意
アパートや一軒家に住む場合は隣人達にも注意。パーティー好きだったりすると、週末に大麻や騒音に悩まされることも!

寮に住む心得:メリットデメリット

寮に住むことは大学生ならではの経験で、一生に一回は寮に住んでみたいですよね。寮は大学の徒歩圏内に設置されている場合が多く、大学によって多種多様な寮があります。食堂やカフェテリアの食事が美味しかったり、友達との仲が深まったり、スタディルームなどの勉強施設が整っていたりと大学生活には欠かせないメリットが沢山あります。

しかし、三人で一部屋をシェアしたり、シャワールームが汚かったり、ランドルームが混んでいたりと共同生活で直面する問題も沢山浮上してきます。また、大学によっては、食堂にジャンクフードしか置いてなかったり、ルールが厳しかったりするので、学校のホームページやユーチューブで学生生活の体験談を覗いてみましょう。大学によっては寮が古かったりしますが、どの寮に入るか抽選で決まってしまうことも多いので、運に任せることになります。

また、新入生(フレッシュマン=大学一年生)が優先的に寮に住むことになり、二年生からはアパートに住まなくてはいけない場合も。特に留学生の場合は寮に住む場合にも授業料と同様、追加の料金がとられます。けれども、大学ならではの交流の場でもあるのが寮。テスト前に友達と朝から晩まで勉強したり、パーティーに参加したりするのも良い思い出になるかもしれませんね。

メリット

  • 海外の大学で学んでいることを実感できる。
  • 大学に近いため、便利である。
  • 机やベット等の家具が予めついている。
  • 集団行動を楽しめる。
  • 大学の施設(スタディルームやジム)を有効利用できる。
  • 食堂やカフェがついているので、料理を作らなくて良い。
補足
社交的な方には寮に住むことがオススメ。友達が沢山でき、孤独を感じなくなるはず。実際、普段の授業は大きなホールでやるので、個人主義の人が多く、学校生活内で友達を作るのはかなり大変です。

デメリット

  • 他人との共同生活に疲れ、ストレスが溜まりやすい。
  • ルームメイトのことも考える必要があり、自由が限られる。
  • 部屋が狭く、アレンジしにくい。
  • 食べたいものが作れない。
  • 共同施設が汚い。
  • 時間帯によって、ランドリールーム、カフェテリアが混雑する。
補足
大学によっては予め、友達にルームメイトになってもらうようにリクエストができることも。また、生活習慣が似ている人とのマッチングが可能なこともある。

おわりに

いかがでしたか?

海外留学に行かれる皆さんは不安と期待でいっぱいだと思いますが、住居が確定するとかなり安心感が高まります。ホームステイ、アパート、寮はどれもメリットとデメリットがありますので、好みはかなり分かれると思います。是非この記事を参考にして、自分にあったステイ先を見つけてください。

ABOUTこの記事をかいた人

Akane

何 暁舟(か あかね) 1997年、中国生まれ、千葉県育ちの21歳。身長が高かったので(?)名前でからかわれた事は無かったラッキーな学生生活を18年間、千葉県で過ごす。中高で英語好きの友達と出会ったのと、ハリウッド映画を字幕無しで見たかったのとで、大学はアメリカで学ぶことを決意。ジャーナリストの父の影響でUC Berkeleyでメディア学を勉強中。毎日欠かさないことはスマートニュースでコラムを読むこととブログの拝見。趣味はもちろん映画鑑賞。