【アメリカ留学準備編】F-1(学生)ビザ申請〜取得の流れを知ろう

留学したい大学に出願が終わり、無事合格が発表されたという方おめでとうございます。この後、大学の寮の入居手続きや学費の支払い、履修登録など、アメリカでの大学生活に向けた準備が進んでいきますが、安心するのはまだ早いです。

大学の入学許可証(I-20)がおり、大学側がいくら受け入れ状態になったとしても、絶対必要なものがあるんです!それは学生ビザ。アメリカでの入居先、学費の振込まで全て終わっていたとしても、この学生ビザ(F-1ビザ)がアメリカ大使館から発行されないと留学はおろか、渡米することすらできません。

学生ビザの申請から取得までの流れを説明します。

アメリカ留学に必要な学生ビザは2種類

写真:US Embassy

アメリカのビザは入国の目的によって種類が分かれていて、留学が目的の場合は2種類のビザがあります。

F-1ビザ

最も一般的な学生ビザ。アメリカ内の大学、私立高校、語学学校などに留学する場合に必要なビザ。

M-1ビザ

アメリカで専門的な技術を学ぶ学校に通う場合に必要なビザ。デザインや美容、ダンスや音楽の学校などがこれに該当します。

学生ビザの条件:フルタイムの学生であること

学生ビザを取得する必要があるかどうかは、「フルタイムの学生」である必要があります。フルタイムというのは、高校や大学の場合は、1セメスターに12単位以上を取得すること。語学学校の場合は、週18時間以上の授業を受けることが条件となっています。

学生ビザが必要ない場合:ESTAで留学する

留学する場合でも、授業が週18時間未満であれば、フルタイムではありません。また、アメリカでの滞在が90日以下である場合は、観光旅行扱いとなり、ビザ免除プログラム(Visa Waiver Program:VWP)で入国することが可能です。ビザ免除プログラムで入国する場合には、事前にESTAの申請帰国の航空券を予約していることが条件になります。

学校の授業が週18時間未満であるなら、「フルタイムの学生」とは言いません。さらにアメリカ滞在期間が90日以下であるならば、観光旅行と同様でビザ免除プログラム(Visa Waiver Program: VWP)で入国できることになっています。なおVWPの利用には、事前にESTAの申請と帰国の航空券を予約済みであることが条件となります。

注意
滞在期間が90日以下だとしても、授業が週18時間以上あるコースに通う人はF-1ビザが必要。

F-1ビザを取得する必要があるか、ESTAでも可能かどうかは学校に問い合わせて確認してください。

F-1(学生)ビザ申請に必要な書類と手続き

学生ビザの申請には以下の7つの書類が必要になります。

ビザ申請に必要な書類

  1. オンライン申請書DS-160フォーム
  2. 米国での滞在予定期間に加えて6か月以上の残存有効期間があるパスポート
  3. 過去10年間に発行された古いパスポート
  4. 証明写真1枚  (5cmx5cm、6ヶ月以内に撮影した背景白のカラー写真)
  5. 面接予約確認書
  6. 米国の学校またはプログラムから発行されたI-20
  7. SEVIS(ビザの申請費用)費用を支払済であることを示すI-901 SEVIS費確認書

① ビザ申請書類DS-160フォームを作成する

これは、ビザ申請の際に必要な情報を書き込むフォームです。アメリカ大使館のサイトからオンラインで作成します。個人情報や両親の情報、学校や職務経験など様々な質問が聞かれます。中には、「アメリカでテロを企てる予定はあるか?」や「これまでに犯罪を犯したことがあるか?」など、選択を誤ると取り返しのつかない質問もあります。留学前でまだ英語が苦手な人もしっかりと内容を読み込んで慎重にフォームを記入してください。かなり文量が多いですが、途中で保存して中断・再開もできます。

参考: 在日米国大使館・領事館DS-160オンライン申請書作成の詳細説明

②6か月以上の残存有効期間があるパスポート

パスポートはDS-160フォームの記入にも必要ですので、早めに準備しましょう。6ヶ月以上の残存有効期間がないとビザを発行してもらえないので、確認しましょう。

③過去10年間に発行された古いパスポート

現在有効なパスポートの他に、過去10年間に発行されたものがあれば提出が必要です。

④ 証明写真1枚

5×5 cm、6ヶ月以内に撮影した背景「白」のカラー写真1枚が必要です。証明写真の規定はmm単位で顔の位置や肩の位置が決まっていて、規定に適さないと再提出になることがあります。写真屋に行って、ビザ申請用の写真の規定でお願いするのがベストです。

補足
眼鏡をかけた状態の写真は不可。普段眼鏡をかけている人は撮影の時は外しましょう。

⑤面接予約確認書

アメリカ大使館のサイトから面接の予約をしましょう。ビザの面接後、書類に不備がなく無事申請が通った場合は、面接日の1週間後くらいに手元にビザが印刷されたパスポートが届きます。I-20の入手予定日を参考に面接予約をしましょう。

面接の予約が済んだら、面接予約確認ページは大使館に持参する必要があるので印刷しておきましょう。

参考: 米国ビザ申請 面接の予約をする

補足
学校登録日までの期間が1ヶ月を切ってもI-20が届いていない場合は、I-20なしで面接を受けることができます。フォームは届き次第、大使館または領事館へ直接郵送する形になります。

⑥米国の学校またはプログラムから発行されたI-20

留学先への入学が決まったら、申し込み手続きを行い、必要な費用を支払ってI-20を発行してもらいましょう。I-20は郵送で送られてきます。

⑦SEVIS(ビザの申請費用)費用を支払済であることを示すSEVIS費確認書

学生ビザの申請には、ビザ申請料金の他にSEVIS費用の支払いが必要です。ビザ申請の前に支払いましょう。学校から郵送されたI-20に記載されている「SEVIS ID」を元に、SEVIS費用の支払いサイト(英語)から費用を支払います。

SEVIS費用の支払い後は、ビザ申請に必要な書類でもあるSEVIS費確認書を印刷しておきましょう。

その他の書類の提出が求められる場合

必要書類の他に、自分がアメリカで学ぶ意思を示す細い書類の提出が求められる時もあります。

補足書類

  • 本国に財務的、社会的、家族的な強いつながりがあり、米国での留学プログラムの終了後に確実に帰国することを示す書類。
  • 留学の初年度のあらゆる費用を賄う十分な資金があること、および米国滞在中のあらゆる費用を賄う十分な資金があることを証明でき、申請を補足する財務書類およびその他の書類。M-1申請者は、留学予定期間の全学費および生活費を支払う能力があることを証明しなければなりません。
  • 銀行の残高証明書原本もしくは預金通帳原本。銀行の残高証明書のコピーは原本と共に提出してください。
  • 他者から金銭的な支援を受けている場合は、支援者との関係の証明(出生証明書など)、支援者の直近の納税証明書原本、支援者の預金通帳および/または定期預金証書を持参してください。
注意
これらの書類は原則、コピーではなく原本を持っていかなければなりません。

ビザ取得にかかる費用はどれぐらい?

パスポート取得費用 11,000(5年有効)~16,000円(10年有効)
学校の申込手数料 約20,000円(学校による)
ビザ申請料金 約18,000円($160)
SEVIS費用 約2,2000円 ($200)

アメリカ大使館での面接について

学生ビザ申請の全ての書類の提出が終わったら、ようやく大使館に面接に行きます。実際に、大使館の職員と面接をして、晴れて学生ビザが発行されるかどうかがその場で決まります。大使館のサイトの動画が非常に分かりやすいので、参考にしてください。

参考:アメリカ大使館での面接当日の流れ

大使館の面接でビザが却下された人の例

写真:Bella Naija

大使館で提出した書類と面接を考慮した結果、ビザの発行が却下されるケースもあります。できれば避けたいケースですが、実際にセキュリティの問題から却下されてしまった事例もあるので、参考までに確認しておきましょう。

面接官によってもかなり違ってくるので、もちろん一概には言えませんがあくまで却下された例です。

ビザが却下されるケース

  • 日本国籍ではない(永住権がある場合を除く)
  • 高校を卒業していない
  • 過去に犯罪を犯して捕まったことがある
  • 過去にアメリカでの不法滞在や不法就労で捕まったことがある
  • 家族が米国に滞在している
  • 職業が美容師
  • 以前、アメリカに長期間留学していた
  • 過去に何度も頻繁にアメリカに渡航している
  • 長い期間、無職だった
  • 留学するには、年齢が高すぎる

ビザが却下されてしまうとどうなるの?

アメリカの学生ビザが却下されると、もしその後アメリカに観光に行きたいとなった場合にも支障が出ます。学生ビザを一度却下されると、ESTAが許可されなくなってしまいます。ESTAが許可されない人は、観光旅行の際にも毎回、観光ビザの申請が必要になります。

学生ビザ却下の理由次第では、却下直後に申請した観光ビザも却下される可能性は高いので、必然的に二度とアメリカに渡航することすらできなくなってしまう可能性さえあります。ですから、ビザ面接には万全の準備をして臨みましょう。

アメリカ学生ビザ(F1)申請で絶対に抑えとくべきこと

写真:English Live

アメリカの学生ビザ申請で面接する際に気をつけなければならないのは大きく2点です。

  1. 不法就労しない意思を示すこと
  2. 不法滞在しない意思を示すこと

アメリカは不法就労を嫌います。学生ビザでは、働くことができず、アルバイトなどをすることは禁止されています。アメリカは自国で不法に働こうとする者を未然に防ごうとするので、学ぶ目的がはっきりしておらず、学生ビザをもらってアメリカに入国した後に不法就労する可能性のある人はビザ申請で却下される場合が多いです。

また、不法滞在をしないということも重要で、卒業して学生ビザが切れた後に、アメリカに滞在するつもりある人を入国の時点で排除します。大使館は執拗に卒業後のことを聞いてきますが、「働くつもりはない。卒業後は、日本に帰国する。」と伝えるのがベストです。アメリカに、恋人やパートナーがいたりする場合も、結婚して滞在する可能性を疑われることがあるので、軽はずみに口にしないことがベストです。

まとめ

いかがでしたか?入学が決まってから、こんなにも手続きがあるのかと思った方もいるとは思いますが、留学生活まであと一踏ん張りです。必要な書類を揃えて、万全の準備でビザ申請を済ませましょう。

これらの書類の準備や面接の予約などの手続きをする際に常に意識して欲しいのは、「早め早めの行動」です。ビザ面接の予約が遅くなって、航空券をキャンセルする羽目になってしまったりすることもあり得なくありません。

入学が決まったら、必要なものをしっかりリストアップして、効率的にビザの取得までの準備を行いましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

taito.katsumata.hoteling@gmail.com

勝俣泰斗 HOTDOG TIMES共同編集長。大学2年次に、ニューヨーク州立大学を成績不振で退学。帰国後の2年間、旅企画の引率や東京のゲストハウスの運営を経て、同大学に再入学。好きな食べ物はホットドックかと思いきや、ハンバーガー。