何 暁舟

概要

皆さんこんにちは。ライターの何 暁舟(か あかね)です。

中国出身、千葉県育ち、アメリカに留学中の21歳です。日本語が母語なので、中国語を(必死に)勉強中です。

趣味はのんびり映画を見ることと、天気が良い日にドライブすること。愛車のMiniは丸い形が可愛すぎますが、実はいっぱい荷物を積むことができます。

一人っ子ぽいとよく言われますが、ずっと同じ学校に通う高校生の妹がいます。

経歴

1997年4月29日

中国生まれ。父はもともと日本でエンジニアとして仕事(その後ジャーナリストに転職)。母は里帰り出産をしたため、私は中国で誕生。

2000年〜2016年

幼稚園から高校までずっと千葉県市川市で生活。市川市は都営新宿線、JR、京成線が通っていて便利なのが、ここに住む決め手だったらしい。

背が高かったのと、自己顕示欲があまりなかったので、名前とかでからかわれなくてすみ、良い友達に恵まれた学生生活を送る。自分が中国人ということをよく忘れるほど、日本人に馴染んでいた(はず)。

中学で英語好きの友達と仲良くなり、もっと英語を学びたいと思い始める。見ていたドラマの影響で、高校一年生の時にUCLAの存在を知り、そこがドリームスクールになる。

2016年~2018年

高校卒業後、カリフォルニア州クパチーノ市にあるDe Anza Collegeに入学。ここに入るきっかけは、英検準1級で入れたのと(TOEFLを受ける必要なし)、春入学があったから。カレッジではJapanese American Associationクラブや、語学チューターを経験。もともと人と関わることが好きだったのと、父親がジャーナリストの影響で専攻はコミュニケーション学(メディア学)に決定。

2018年〜

UC Berkeley (Cal)に編入。UCLAに行くかCalに行くかで迷いに迷って、Calに決定。中国人のハウスメイト四人と生活をしているため、先ほども書いたように中国語を必死に勉強中。Calは勉強が死ぬほど大変みたいですが、そこもシェアできるように生き延びたいです。

自分について

丑年の牡牛座なので実は性格が良くも悪くも頑固なんです。小さい頃から親のためにピアノの練習や水泳のテストを頑張ったりしてきて、何か自分から進んで成し遂げたいものを見つけたいと思っていました。アメリカの大学に憧れを抱いたのは、趣味の映画鑑賞やドラマ鑑賞から。大きな図書館で勉強したり、パーティーではじけたり、独立した生活を送っている学生が憧れでした。結局Calに決めましたが、UCLAはそんな生活の象徴でした。

アメリカで勉強して良かったことは自分を再認識出来たこと。日本人に馴染みすぎた私は、自分のルーツを忘れていました。恥じてもいました。中国語を話さないようにしていたのは、みんなと違うことに恐れていたから。しかし、アメリカで自分と同じような境遇の友達と知り合って、移民とは努力の証でもあると思い、そんな苦労をしてきた父母に感謝するきっかけを与えてくれました。また、国籍を問わず困っているときに助けてくれる友達も作ることができ、偏見や型にはまった考えは間違いだと気づくこともできました。

カリフォルニアから情報を発信しますが、みなさんの興味を注げる記事が書けるように頑張ります。