『自分に正直でいられる踊りをする』NYで活躍する学生ダンサー田中真夏さん

概要

田中 真夏 | Manastu Tanaka

2008~2015年、児童劇団大きな夢やまと子供ミュージカル所属、14公演中8公演で主役、準主役を好演。 2015~2019年、SUNY Fredonia Dance Ensemble で数々の振り付け家の下、計15ものダンス作品で踊る。中にはPaul Taylor Dance Company, Jon Lehrer Dance Company, Bliss Kohlmyer, Jason Olsenbergなどの有名振付家の作品を踊る。 2017年、短編映像作品 “CHOICES”でIMDb取得。 Steps on Broadway Summer Intensiveプログラムの生徒に合格、数々の講師からダンスを学ぶ。 2018年、Mona Haydar新曲“Lifted” ダンサーに抜擢、多数の記事に掲載。 Sidra Bell MODULE 18 Summerプログラムに合格 Brooklyn Opera Works『ヴェニスとアドニス』でダンサーを務める。

渡米して変わった表現に対する考え

ーー現在の活動内容を教えてください。

ニューヨーク州立大学フレドニア校、ダンス専攻・舞台芸術副専攻の四年生です。学期中はダンスのリハーサルや公演だけでなく、振り付け、芝居、演出助手や舞台監督としても活動しています。3ヶ月の長い夏休みの間はマンハッタンでSteps on Broadway スタジオでインテンシブプログラムに参加しつつ、Sidra Bell Dance New Yorkの夏季プログラムに選抜され、その間にダンサーとしてMona Haydar, The Next Greatest American Novel, Santiago Music, Taragano Theater, Melody English などのアーティストのミュージックビデオの出演、写真撮影、Brooklyn Opera Works や単独公演などの活動もしています。

ーー学生でありながら、いろんな活動をしていますね。ダンスは幼少期から続けてきたんですか?

11歳〜18歳まで日本で「大きな夢児童劇団やまと子どもミュージカル」という劇団に所属して、毎年舞台に出演していたのですが、恥ずかしい話、基礎のバレエはもちろん、ダンスレッスンやクラスは受けたことがありませんでした。それでもダンス指導の先生が『動けるから。できるようになる子だから』と作品の中でダンスが多い役に何回か抜擢してくださったことから、体を動かすことが一番楽しいと思うようになり、見よう見まねで振り付けをダンスを長年やっている子に負けないようにそれっぽく踊っていました。でもただのそれっぽい踊り方ではなくて、基礎の基礎からテクニックのトレーニングをしたいと思い、大学でダンスの勉強をしたいと強く思いました。18歳でダンスを始めるなんてダンサーの中ではかなり遅い方で、恥ずかしい気持ちと根性の葛藤は今でも続いてますね。

ーーそれでニューヨークの大学に行くことを決めたんですね。

ダンスでいうと西海岸と東海岸で大きな特徴の差があって、一概に言うと西はストリートダンスやヒップホップが盛んで熱いのに比べ、東はもっとブロードウェイやクラシックジャズ、バレエ、コンテンポラリーが盛んなので、自分の興味のある東側の大学を探し始め、ニューヨーク州立大学にたどり着きました。休みのたびにマンハッタンに行って本場のプロダンサーと混じってオーディションに何個も何十個もいくうちに少しずつお仕事もいただけるようになりました。

ーー最初にアメリカに来た時の印象はどうでしたか。

日本ではみんなと同じでなければ浮いてしまったり、出る杭は打たれる空気があるけれど、アメリカでは髪型、服装、体型や身長も人それぞれで個性があって自分もここに居場所があるんだとホッとした覚えがあります。中高時代は雑誌から得た情報でこの身長だったらこの体重でなければいけないという考えに拒食症になって体調を崩すくらい縛られていたので。今振り返ると自分の可能性を全て縛って閉じ込めて堅苦しい生き方をしていたなと思います。渡米して環境がガラッと変わって、どんどん友達を作ってダンスや学業に励むうちに知識も増えて、自分の知らなかった考えやコミュニティの存在を知ることによって表現の幅や視野が広がりました。特にLGBTQ、アイデンティティの概念の話題は日本ではタブーに近い感覚だったので、ここなら自分をどう表現するかで遠慮なんてしなくていいんだと思えたのがモチベーションになって、今までの堅苦しい考えから一転しました。

ーーアメリカは個性を重視しますよね。今までの生き方を見つめ直すきっかけにもなったんですね。

もちろんダンスの世界は簡単ではないですし、いつもは応援し合う仲間でも時には競争心、嫉妬、比べ合いが起こってしまうことは多々あります。「大学の4年間の中でも周りと比べて自分は何を変えたらいいのか?踊り方?テクニック?それとも体型、顔、髪型?何がダメで何を直したらいいのか?」と悩みつづけてまるで落ちこぼれのようだと感じた時期がありました。でもその生の感情をどう受け止めていくかが大事であって、そもそも自分と他人と違うんだから比べようがないんだと思えるようになったんです。6年前の自分にはなかった考えなんですけれど。

インスタグラムに回転技や超越した柔軟性を乗せるダンサーが増えたことで、「若いダンサーの中でも何か技を持っていかなきゃいけない、インスタ映えする踊りをしよう!」って頑張る人は多いです。でも私は万人受けする流行りの踊り方をするよりも見たことがなくてたった一人でもその人に深く印象に残るすごくないけれど何か見てしまう踊りを追求します。

自分に正直でいられる踊りをする

ーーなるほど。人と比べても仕方ないということに気づいてから、自分のやりたい踊りが分かってきたんですね。アメリカに来て自分を表現する上で大切にしていることはどんなことですか?

高校の時に『自分らしく』ってなんだろう、『自我』はいつ形成されるんだろうという質問に答えが永遠に見つからず、自信喪失して先が見えない不安にかられたことがありました。こうして渡米して大学生活を通して一番考えが変わったのは自分に対する肯定感ですね。

自分の軸はまず自己の受け入れから始まって、そこから構成していくもののような感覚です。受け入れるというのは自分のことが好きでなくっていいんです。でも短所も嫌なところも自分であると受け入れたとき、嫌悪していた部分が表現者としての強みになったり、振り付けするときの深さになったり、自分で自分の居場所を探さなくてもどこにでも作れるようになってきました。ショービジネスの人材として、広大に多数派に人気なエンターテイナーよりも分かる人には分かる、少数派でも深く印象に残るアーティストでいたいです。言い換えれば、万人受けする為に世間の流行に合わせるくらいなら、少ししか観客がいなくても自分に正直でいられる踊りや作品を創作した方が生きがいがあるといい切れます。

ーー受け入れられたい気持ちと正直に表現したいこととのジレンマはありますよね。自分らしい踊りを追求したいということですが、今後どうやってダンスと関わっていきたいと考えていますか?

大きく言えば、ダンサーとしてカンパニーやショーで活躍したいです。そして自分の表現方法で誰かに少しでもポジティブな影響や発想の転換を与えられる人になりたいです。幾つオーディションを受けようが、挑戦することは絶対に諦めません。現在の目標は、第一にはダンスカンパニーに所属するダンサーになること。そしてアーティストビザの取得でアメリカで正式に活躍することです。

ーー最後に好きな言葉を教えてもらってもいいですか?

”No Day but Today ”(今日を生きる)

その日が良い日であっても悲しい日であってもその積み重ねが自己を形成するのであって、ポジティブもネガティブも両方自分の表現の材料になるので、毎日を精一杯生きているということを噛みしめる、そして前に進むのがモットーです。

ーーありがとうございました。ダンサーとしての今後の活動を応援しています。

▼田中 真夏さんの出演したミュージックビデオ

田中 真夏さんの活動をリアルタイムでチェック!

Facebook(Manatsu Tanaka

Instagram(Manatsu Tanaka

Webサイト(Manatsu Tanaka

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

taito.katsumata.hoteling@gmail.com

勝俣泰斗 HOTDOG TIMES共同編集長。大学2年次に、ニューヨーク州立大学を成績不振で退学。帰国後の2年間、旅企画の引率や東京のゲストハウスの運営を経て、同大学に再入学。好きな食べ物はホットドックかと思いきや、ハンバーガー。