留学中に自分らしさを取り戻して、モチベーションを保つ5つの方法 

こんにちは、HOTDOG TIMESライター のSayaka です。留学しているとモチベーションが下がってしまう時ってありませんか?

知らない土地にひとり、家族や友達から離れての生活。寂しくなったり、うまくいかなくて落ち込むことよくありますよね。私もアメリカにきて3年経つのですが、未だに落ち込むことたくさんあるので、お気持ちよくわかります。はじめに伝えておきたいのは、落ち込んでもOK!どんな超人でも有名人でも落ち込むことはあります。大事なのはまた立ち上がるためのマインドセット。

今回は 落ち込んでる状態から立ち直る方法を5つご紹介します。

1. 心の声を知る

 

①まず、紙とペンを用意して、感じたことをとにかく書き綴ってください。

(例)「もやもやする」「さみしい」「休みたい」「日本に帰りたい」

本当になんでも構いません。心にたまった毒をはくように、負の感情をアウトプットする。それだけでもすこし楽になるはずです。

なぜそういう感情になるのか、思いあたることを少しづつ書ける範囲で書いてみてください。

(例)「◯◯ちゃんに無視された」「彼になかなかアプローチできない」

③つぎに、解決方法を隣に書いてみてください。(正解はないのでなんでもOK)

「挨拶からはじめてみる」「気になる人に連絡先思い切って聞く」など

④あとは、一番できそうな解決方法から行動していく (&①〜④を繰り返す)

自分の感情ってわかってるようで分かってないことが多いんです。”自分の思考を文字にする” それだけで半分以上のもやもやがなくなるはず。パニックになる前に、ネガティブになる前に、一旦このアウトプット法を試していただきたい。すごい効き目ですよ。

2. 一旦休む、旅に出る

『一旦休む』には2つの意味があります。1つはただ体を休めること。疲れたら 休んでいいんです。弱音もはいていいんです。常に毎日頑張り続けることは心身ともに負担がかかってしまう。疲れたら休みましょう。少し休憩をとることで、またがんばれるのです。

大物メイクアップYoutuberの Michelle Phanさんはこんなことを言っています。

”Even a phone, a machine needs break. We need to give ourselves time to relax, to recharge. It’s very natural.”

『携帯や機械だって休憩(チャージ)が必要。わたしたち人間もリラックスして、休息する時間が必要である。それはとても自然なこと』

たしかに、パソコンやスマホもバッテリーがなくなれば、シャットダウンしてしまいますよね。人間もおなじ。6-8時間しっかり寝て 心と体の疲れをとることが次へのパワーになるのです。

2つめは全く違うことをすることです。どういうこと?と思った方もいるでしょう。すなわち、あなたを窮屈にしている“それ”から一旦離れて考えないようにするということです。友達に会うでもよし。映画見るでもよし。旅にでるもよし。好きなことをとことんする。そうすることで 違う角度から物事をみる余裕がでてきます。

人は本当に好きなことであれば、また勝手にやりたくなります。離れてみて分かる大事さ、価値を再確認できるはず。それがあなたにとって本当に大切なものなのか、知らせてくれます。

わたしもダンスを学びにNYにきて、一旦やりたくない時期がありました。たまにはということで1日、2日好きなことして好きなもの食べてたら、気がついたらまたダンスに熱中してました。久しぶりにダンスした時は、これだなあ〜と実感しました。

3. じぶんをほめる

“理想の自分”と”現実のじぶん”のギャップに落ち込んでしまったり、他人と自分を比較してしまうことってありますよね。

わたしもNYのダンススクールに通い始めた1ヶ月は生徒みなスタイル抜群、すぐ振りを覚えてキレキレのダンスを踊る彼らをみては、毎日へこんでました。でも、ネガティブになんてなってられない!

あなたが「隣の芝生は青い」と思うのと同じように、周りもあなたの芝生は青くみえています(笑)自分は自分で思ってるよりすごいし素敵!それが事実だから。そして今のじぶんを認める。『わたしは目標の自分になりつつある。』そう意識してからは、あまり周りを気にせず、自分を優先し、一列目でレッスンを受けるようにしています。どんな自分にも100点をあげましょう。

4. “今”にフォーカスする

人は分からない未来の対してばかり考えていると、不安になりがち。いくら頭で考えても、分からないことは分かりません。

もちろん、夢をリストしたり掲げるのはすばらしいこと。でも漠然に”夢”だけだと、どう行動していいのか分からなくなります。また理想の自分と比較して落ち込んでしまう。

そんな時はこう考えてみてください。夢は最終目標。すなわち 目標という階段の最上階。

1日で夢は叶いますか?夢を叶えるのには時間がかかります。

  • 細かいレベルにわけて目標を小分けにする。
  • 階段のように少しづつ、少しづつレベルアップさせていく。

すると不思議とステージクリアしていくたびに自信もつきます。

いきなりエッフェル塔のように高い理想の自分めざすのではなく、現実的に、長い目で自分の成長を感じましょう。そして大事なのは 結果より、過程を楽しむこと。なぜかって?Here is the reasons.

5. 人生は”トライandエラー”

だいたいの人が、結果にフォーカスしがち。(私もだけど)だから失敗を恐れてなかなか行動できません。

しかし、そもそも人生において”失敗”なんて言葉はない。だから一回オーディションや就活にダメだったくらいで落ち込まないで。そんなところにエネルギーを注がないで欲しいです。なぜなら失敗の本当の名は成功への材料だから。一回ダメだったら違う方法でチャレンジしてみて、何回も工夫しつづけましょう。

マリオのゲームを例に考えてみます。はじめはステージ1でクリボーに当たって脱落しても、100回200回繰り返す度コツがわかってきて、最終的にピーチ姫の救出に成功できますよね。ゲームで負けてもへっちゃらのように、人生の場面でもどんどんいろんな角度から挑戦して、攻略法(コツ)を見つけ出していってください。

私は、挑戦し続ける時に良い想像をするようにしています。例えば、ダイエットをする時は、オーディションも合格する自分や憧れの人の前に綺麗な姿で立つことをひたすら想像しました。過去に10kgの減量に成功したこともあります。

あくまでこれは一例ですが、自分のモチベーションになれる要因をたくさん集めることは、成功のカギです。なりたい自分に一刻も早くなりたい! とわくわくしながら頑張りつづけた者勝ち(笑)それが”過程を楽しむ”ということです。

さいごに

どんなに今がつらくても、未来はやってきます。明けない夜はない。これらをマスターしたあなたはきっと立派な人間になっていることでしょう!

そしてどんな時も、自分を大好きでいること。みえないところでたくさんの人に愛されて、支えられて生きているのですよ。どうかそのことを忘れないで、留学にきた目的、目標にぶつかっていきましょう!

▼この記事を読んだ人におすすめ

大好評!留学中のモチベーションの保ち方【第2弾】